本来の点呼の負担や手間を解消するIT点呼

点呼とは、そもそも何なのかというと、その日ドライバーが初めて乗務しようとしているときと、1日の業務を済ませたときにドライバー自身の方から行う日常的にわれる点検の結果を報告したり、ドライバー自身の健康状態、酒気を帯びていないかどうかなどについてを報告したり、確認したりする作業のこととなり、一般的には運行を管理している人とドライバーにより対面して行わなければならないものとして運行管理者の義務として定められているものになります。やむを得ない事情がある場合は電話による点呼が条件付きで認められていますが、対面して行わなくてはならないということがドライバーにとっても運行管理者にとっても負担や、手間がかかる作業となっています。この問題を解消するのがIT点呼というシステムになります。

遠隔地で行うことができる点呼の定義とメリット

IT点呼システムの定義は、IT技術を利用して点呼をすることになりますが、これはどういう意味なのかというと、運行する前にトラックのドライバーに対して義務付けられている点検の結果、健康状態、飲酒の有無の確認などといった点呼で確認する必要がある事柄をパソコンを使ってインターネットを経由して遠隔で実行することができるというものとなっています。免許証リーダーや、アルコールチェッカーなどといった専用的な機器が接続されているパソコンを利用することによってテレビ電話のような感覚で確認することができるという非常に便利なシステムとなっています。このことによって、従来は運行管理者と対面して行う必要があった点呼による確認を、出発する場所などから行うことができるため運行管理者や、ドライバーにとって負担や、手間が抑えられる技術となっています。

遠隔地で行うことができる点呼を導入するための条件

IT点呼システムは誰でも導入できるという訳ではなく正式な許可を受けるための条件が存在します。まず、全日本トラック協会が実施しているGマークと呼ばれる資格を所持している事業所である必要があります。そして、国土交通大臣が規定した機器を使っている場合だけに正式に認可されるという厳しい条件が設定されています。Gマークは、輸送する安全性を確保することについての取り組みが優良である場合に事業所に与えられる資格のことになります。そして、Gマークさえ取得していれば、あとは条件なして行えるという訳ではなく、他にも注意するべき点があります。例えば、実施するのは、1営業日の中で連続した16時間以内であるという制限があります。ただし、営業所と、その営業所にある車庫で行うときには24時間行うことができます。