IT点呼は遠隔地の従業員を的確に管理できます

多くの運送業では業務の利便性を図る為に複数の拠点を持つことが一般的になっていますが、その際に大きな問題となっているのが従業員の健康管理です。車両を運転するためには万全の体調で業務に臨むことが重要になりますがその健康管理を行う管理者はコストの問題もあり本社にしか常駐していないことが多いため、拠点の従業員の健康管理がおろそかになる傾向が有ります。
従業員の健康管理が運送業にとって大きな課題です。健康管理が行き届かないと大きな問題を引き起こしてしまうこともあり、その問題は会社の信頼を大きく損ねてしまう可能性があることから、会社の存続に関わる問題となることも少なくありません。IT点呼は単に従業員の体調管理だけでなく、会社を維持する観点でも大きな意味を持っている物でもあります。

拠点の健康管理の方法を改善する方法です

運送業に於いては拠点の従業員の健康管理は非常に大きな課題となっています。一般的に拠点の従業員はその殆どが運転業務に従事していることが多く、健康管理を行う立場の人が不在であることが多いものです。現在の規則では会社として管理者を1名配置すればよく、人件費の問題もありその管理者は本社に勤務していることから拠点に於いては一般の従業員が代行していることが多いのです。
さらに拠点の場合には本社の担当者に事後報告されることが多いため、実際の体調を確認することができず、乗務を制限することが出来ないのが実態です。IT点呼では遠隔で従業員の表情や声を確認しながらリアルタイムで体調を確認することが出来るため、問題が有る場合には即座に乗務を制限することが出来ることから確実な体調管理ができます。

運送業の安全確保と確実な経営が実現できます

運送業の最も大きな問題は、人手不足や低賃金の為に多くの従業員が体調不良をおして乗務を行う危険性がある事です。その傾向は特に拠点で多いと言われており、その理由が点呼の方法が問題の抑止に機能していないことによるものとされています。
管理者不在の為に自己申告となったり、相互チェックとなってしまうことで乗務が出来ない体調で有るのに乗務が行える環境となっていることが問題ですが、その背景には人手不足や低賃金を理由に無理に乗務を行ってしまう環境があります。
IT点呼を導入することで管理者が厳格に従業員の体調を管理し、不適切な従業員に対して乗務を制限することは問題の発生を未然に防ぐことに繋がります。その為、会社の安全に対する評価が高まり信頼性が向上することが期待できます。